北海道爾志郡乙部町とは?見所をご案内します

乙部町の見所1「大自然の驚異」

海、山、川が織り成す乙部の景観は、どなたにも感動いただける絶景が自慢です。

北海道自然百選:鮪の岬(しびのさき)

北海道自然百選:鮪の岬(しびのさき)小高い丘から海になだれ込むこの優美な自然の造形は1972年、北海道天然記念物に指定されました。遠目には岬の形がマグロの背、岩肌がウロコのように見えることから鮪の岬(しびのさき)と呼ばれています。道内でも貴重な柱状節理です。ほとんど垂直に断崖が海へ達しています。国道からの眺めはまさに絶景!撮影ポイントが国道沿いにあり、すぐにお分かりいただけると思いますよ。

館の岬(たてのさき)

館の岬(たてのさき)鮪の岬(しびのさき)に比べると荒々しさが際立つこの白亜の断崖は太古からの波が刻んだ芸術作品です。夕日に映える様は息を呑む美しさ!自然の驚異をご体感いただけますよ。悲恋伝説が彩を添える館の岬(たてのさき)、その右側, 中腹をよくご覧下さい。乙部町のシンボルでもあります、「おとべ」の白い文字にお気づきですか?遊び心あふれるアクセントですね。

くぐり岩

くぐり岩海に突き出た断崖の先にぽっかりとあいた穴。これは素全の造詣というよりも実は人間の営みによる痕跡なのです。当時周囲は陸地であったらしいのですがニシン漁のために海と村をつなぐ陸路として掘り進めたようです。 こんな断崖絶壁ですから、暮らすのも漁をするのも大変だったでしょうね。当時の息吹がそこかしこに感じられる、メモリアルなくぐり岩で太古をしのんでみましょう。

滝瀬海岸

くぐり岩夕日に染まったこの絶景をご覧下さい。この滝瀬海岸は白い断崖が延々と続き、美しくも不思議な造形が魅力です。アイヌの言葉でシラフラ(白い傾斜地)と呼ばれていました。さて約100年ほど前にシラフラにぽつんと埋まっている岩が発見されました。漁師たちは、この石を信仰対象としてお供えものをしていたことから、現在もこの岩は石神様として滝之神社境内に安置されています。江差側からの眺めが最高!

乙部岳(九郎岳)

乙部岳(九郎岳)乙部漁港からの乙部岳の雄姿です。標高は1,017メートル、起伏に富んだルートが人気です。山頂からはさえぎるものがない360度の大パノラマ!日本海側は奥尻島を、太平洋側は内浦湾(噴火湾)を一望、遊楽部岳・駒ケ岳・大千軒岳などの山々をはじめ、遠くは狩場山・ニセコアンヌプリ・羊蹄山や、青森県の岩木山も望めます。5月から10月がオンシーズンです。

乙部町の見所2「海のプール」元和台海浜公園

「海のプール」

「海のプール」元和台海浜公園「海のプール」は、道内で唯一環境省の 快水浴場百選に選ばれています。ご覧のように防波堤が波をガードすることで、安全安心にご利用いただける海水浴場です。プールサイドには日光浴が楽しめるように美しいカラーブロックが敷き詰められています。国道沿いの展望台からの絶景も是非一度ご覧下さい。

「海のプール」へは駐車場から大きならせん階段「るーぷ橋」(左画像左側)を渡って入場します。

「海のプール」7月下旬には元和台海浜公園のメインイベントである『元和台マリンフェスティバル』があり、親子スイカ割り、ビーチフラッグ大会、ウニ・ツブ・ホタテの手づかみ体験等、盛り沢山のイベントが行われます。また、8月14日には元和台海浜公園出店組合による『海のプールまつり』が開催され、ビーチクイーンコンテスト等のイベントで賑わいます。 開設期間は毎年7月17日~8月22日、凝縮した夏の思い出を是非おとべでご堪能ください。

元和台海浜公園データ

「海のプール」大きさ
長さ200m、奥行き100m
海の家 3軒
シャワー・更衣室・トイレ それぞれ 1カ所(男女別1カ所ずつ)
監視・救護所 4カ所(9時~16時30分)
禁止事項 バーベキュー、花火、マリンジェット、火気使用、車両乗入、物品販売
駐車場 500台(無料)
問い合わせ 元和台海浜公園管理センター TEL:0139-62-3459

 

乙部町の見所は他にもたくさん!

乙部温泉郷

現代では貴重な「源泉かけ流しの湯」を存分に体感できる乙部温泉郷。気軽にお楽しみいただけるきれいな足湯や歴史ある温泉宿、新たに整備された施設が充実の設備など、多彩な温泉をお楽しみいただけます。 自然の湧き水にも恵まれている乙部町ならではの源泉体験を是非!

宿泊体験施設 おとべ温泉郷 光林荘

日本海を望むヤチダモ林で囲まれた、情緒たっぷりの温泉宿「光林荘」が「宿泊体験施設  おとべ温泉郷 光林荘」として新規オープン致しました。 ご予約お問合せはお電話、:0139-62-3347(光林荘)まで。
■料金は公式サイトにて http://www.kourinsou.com/
■お泊り:56名(最大80名)
■客室:和室:10畳(6室)、和室:8畳(4室)、洋室:(6室)、特別室(1室)
■温泉:中性低張性高温泉(含食塩芒硝泉) 露天風呂あり
■お問合せ:0139-62-3347(光林荘)

バリアフリーホテルあすなろ

社会福祉法人「江差福祉会」が運営する障害者や高齢者、その家族の利用を優先したホテルで、全国初のソフト・ハード面ともに完全バリアフリーのホテルです。宿泊料は客室タイプなどで異なり、1泊7千~2万5千円です。障害者意外の方でも利用が可能で、本格中華のディナーがお楽しみいただけます。また、専用車いすで入浴できるよう温泉浴槽、サウナにスロープを整備するなど、バリアフリー化を徹底しています。
公式サイトはこちら:http://barrier-free-hotel-asunaro.com/ 

他にも館浦温泉公園、緑町温泉足湯「ゆったり」、ゆりの里活性化センターなど、おとべ温泉郷は温泉ファンを飽きさせません!ぜひ一度足をお運びください。癒しの湯がお待ちしております。

乙部天然湧水五選

自然の湧き水に恵まれている乙部町。町内には5箇所の「生命の水」が整備され、途切れることなく清らかな水が湧き出ています。北海道南西沖地震で水道管が破裂したことがきっかけでしたが現在は市民の憩いの場として、貴重な空間となっています。

自然石で囲んだ湧水口の周辺にはそれぞれに趣を凝らしたあずまやがあり、小公園風で憩いの場としても楽しめます。コーヒーやお茶を入れると大変おいしい名水を是非!

>

↑ PAGE TOP